読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の北極星

心静かで充足した生活を。

宮崎のアートプレイス

美術館 写真 宮崎 日記・雑記

宮崎県立美術館。

f:id:itosau:20161210161150j:plain

この時は「川端康成の眼 川端コレクションと東山魁夷」を観に行きました。だいぶ前ね(^_^;)。

f:id:itosau:20161210161124j:plain

川端康成の人生を追いつつ、彼が収集した美術品の展示。展示会のサブタイトルにもあるように、東山魁夷の作品もたくさん。彼と懇意にしていたんだって。知らなんだ。偉い文学者っていうだけじゃなかったのね…川端康成って。

川端康成の人生を追う要素としては、ラブレター(これがかなり切ない!)や太宰治からのちょっと困った手紙、ノーベル賞のメダルと賞状(これ受賞者一人一人に違うものらしくて、その人に合わせた絵が手描きされているっていうのを知らなかった…)などなど…とても貴重な品を観ることができ新しい知識も得ることができました。

それを追っていくと、彼が集めた美術品の幅の広さと目利き力(彼が集めたのちに国宝指定されたものもあるよ)、何よりなぜ彼が美術品を集めたのか…なんとなく察せられる構成にもなっていて、とても良い展示でした。

宮崎県立美術館は宮崎県総合文化公園の中にあります。

他には県立図書館、メディキット県民文化センターがあり、そういった建物群の向こう側には広い広い芝生の公園も。街の中にこんなに広くて立派な総合文化公園があるなんて、良いですよね。

f:id:itosau:20161210161211j:plain

芝生の公園にはベンチもたくさんあるし、周遊できる歩道や菖蒲園に東屋も。管理事務所ではバトミントンセットなどの遊具などの貸出もありました。お天気がいい日は散歩やピクニックをするだけでもいい気持ちになりそう。アートスポットであり、憩いの場所。

 

 

 

 

 

伊豆の踊子 (新潮文庫)

伊豆の踊子 (新潮文庫)